教室ブログ

2018年05月

2018.05.31

〔お知らせ〕珠算・暗算検定 合格者を発表しました

 

5/24-27に実施しました珠算・暗算検定試験の合格者を発表しました。


残念だった人の中には、あとひといきの人が多かったです。

今後の練習では、今回足りなかった力をつけ、またトライしましょう!


<次回検定>

●検定日 7/19(木)-22(日)

●試験場(級位)各教室 /(段位)茂原市総合市民センター

2018.05.27

〔お知らせ〕6月のお休み日

6月はお休み日なしの予定です。

よろしくお願いいたします。

2018.05.25

〔お知らせ〕算数・数学思考力検定について

 2018年度 第1回 算数・数学思考力検定

●実施日:6月30日(土)17:05~

●締切日:5月28日(月)

検定案内や申込書につきましては、先月お渡ししていますが、

必要な方は教室までお知らせ下さい。

2018.05.21

〔お知らせ〕5/24(木)-27(日)は検定試験日です

明後日5/24(木)より、珠算暗算検定試験が始まります。

ふだんの練習道具と受験票を持参して下さい。

--------

試験期間中の授業につきましては、下記の通り、終日休業や時間帯変更がございますのでお気をつけ下さい。


<授業 終日休業>

 ●5/24(木)、25(金)


<授業 時間帯変更>

 ●5/26(土) ※8:30-9:20の時間帯のみ行います。

 ●5/27(日) ※16:20-17:20の時間帯のみ行います。

--------

(教室だより作成のため、ブログはしばらくお休みいたします)

2018.05.18

〔お知らせ〕そろばん侍 風の市兵衛、明日放送です!

そろばん侍がどんな活躍をするのか楽しみです。

どうぞお見逃しなく!

 

2018.05.16

〔お知らせ〕そろばん・あんざん初級検定申込書を配布しました

 そろばん・あんざん<初級>検定が受けられる生徒さんに、申込書を配布しています。

力を試すよい機会です。ぜひご受験下さい。


◆検定日 5/24(木)~5/26(土)

◆締切日 5/23(水)


※初級検定とは、「そろばん15級~11級」「あんざん10級~7級」をいいます。

※いつもの授業時間帯にお越し下さい。

※検定時間は15分~20分程度です。お迎えは、いつもよりお早めにお願いします。

2018.05.15

お肉屋さんで「無限」を見た話(2)

小6の算数に「対称な図形」という単元があります。

その中で「線対称」「対称の軸」について、毎年、次のような問答をしています。


私「正方形には、対称の軸が何本ある?」

生徒A「2本」

私「もっとあるぞ」

生徒A「…あー、4本」

私「正六角形には?」

生徒A「…6本」

私「正八角形には?」

生徒A「…8本」

私「では、円には?」


この問いに対する生徒の答え方は、だいたい次の4通りに分かれます

● たくさん

● わからない

● 数え切れない

● 無限


どの答え方も、同じ事柄を言おうとはしているようです。

しかし、とりわけ「無限」と答えられる生徒は、算数・数学がよくできる傾向があると、最近気がつきました。


傾向が見えると、それはなぜなのか知りたくなります。

そこで次のような問いを立ててみます。

<「無限」という語彙を持つことと、算数・数学ができることとの間には、どんな関係があるのか >

もしその関係が分かれば、算数・数学を得意にする、1つの方略が見えてくると思われます。


(いつかに続く)

2018.05.14

お肉屋さんで「無限」を見た話(1)

小学生の頃の話。近所のお肉屋さんにお使いに行ったことがあります。

店の左右の壁際には、鏡が1枚ずつ据えつけられていました。


左に目を遣ると、自分の姿が写っています。

右に目を遣ると、やはり自分の姿が写っています。


「!!!」


すごい発見をしました。

鏡の中に鏡がある。その鏡の中にも鏡がある。その鏡の中にもまた鏡が!


いったいどこまで続いていくのだろう

それを見極めようと、顔を近づけてみました。

鏡の中の自分は、表、裏、表、裏しながら、どこまでも小さくなっていきます…


(続く)

2018.05.11

書籍「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

 

著者の主張をおおまかに述べますと…

----------

●AI化が進む職業は、今後確実に増加する。

●すると、多くの人が失業する可能性がある。

●もちろん、AIが対応できない新しい職業も次々生まれるであろう。

●そんな未来を生きるために必要な技能が「読解力」である。

●新しい職業に就くには、新しい知識を自ら学んでいける読解力が不可欠だからだ。

●しかし、現在の子どもたちの読解力調査を行うと、その半数以上がAIよりも低いレベルであった。

●このままでは、多くの子供達は将来職を失い、幸せな生活を送れなくなるのではないか―。その強い危機感が本書執筆の動機である。

----------

著者の新井紀子氏は、有名な人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」を指揮した数学者です。

・多くの研究者が参加したこのプロジェクトからわかったAIの可能性と限界について

・アクティブラーニングよりも、プログラミングよりも大切な力について

数学者らしく誠実に、わかりやすく語っています。

2018.05.10

1年生あるある!

 

数として書くときは「1」と書けるのに、

言葉として書くときは「1ち」となる。

ほとんどの1年生がこうなる不思議…。

カレンダー

«5月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

当塾のご案内

みやま珠算塾
〒297-0029
千葉県茂原市高師500-18

  • TEL:0475-24-5659
  • info@miyamasoroban.com
Copyright (C) みやま珠算塾 All Rights Reserved.