教室ブログ

書籍

2018.05.11

書籍「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

 

著者の主張をおおまかに述べますと…

----------

●AI化が進む職業は、今後確実に増加する。

●すると、多くの人が失業する可能性がある。

●もちろん、AIが対応できない新しい職業も次々生まれるであろう。

●そんな未来を生きるために必要な技能が「読解力」である。

●新しい職業に就くには、新しい知識を自ら学んでいける読解力が不可欠だからだ。

●しかし、現在の子どもたちの読解力調査を行うと、その半数以上がAIよりも低いレベルであった。

●このままでは、多くの子供達は将来職を失い、幸せな生活を送れなくなるのではないか―。その強い危機感が本書執筆の動機である。

----------

著者の新井紀子氏は、有名な人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」を指揮した数学者です。

・多くの研究者が参加したこのプロジェクトからわかったAIの可能性と限界について

・アクティブラーニングよりも、プログラミングよりも大切な力について

数学者らしく誠実に、わかりやすく語っています。

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

フィード

当塾のご案内

みやま珠算塾
〒297-0029
千葉県茂原市高師500-18

  • TEL:0475-24-5659
  • info@miyamasoroban.com
Copyright (C) みやま珠算塾 All Rights Reserved.