教室ブログ

そろばん

2019.04.04

鬼特訓って何?(承前)

 

前回は、塾で行っている「鬼特訓」について、下のような問いを出しました:

15題を7分以内で計算するスピードをつけたい場合、

下のア・イのうち、どちらの練習がより効果的でしょうか?

ア. 15題を7分間で1セット行う

イ. 5題を2分20秒で3セット行う


正解は「イ」。

今の計算スピードと、理想とするスピードとの相違を、認識・修正する機会が複数回あるからです。

その意味で、アよりもイの方が、同じ練習時間で3倍の練習ができることになります。


この鬼特訓。

実際は3セットでは終わらず、5セット・6セット…と目標クリアできるまで続きます。

(これが「鬼」のつく理由です)


一見、単純な反復練習のようですが、練習者の心の中は「次こそは!」というチャレンジングな炎に燃えています。

そして、ついに目標タイムをクリアできたときには…「やった!」思わずガッツポーズが出ます


「練習すれば、上手になれるんだ!」

そろばんの練習を通して学ぶことができる、大切な認識の1つです。

2019.01.16

幼児に必要な計算指導とは?

 

今月に入り、年長さんが3名入塾してくれました。

当塾では、入塾初日に簡単な検査を行っています。

<分類カード>

「なかまに分ける」という課題です。

これによって、下位概念(犬、からす、金魚)と上位概念(動物、鳥、魚)の習得具合を診ます。


こんなこと計算に関係あるの?と思われる方もいるかも知れませんが、

数は「抽象概念(上位概念)」を獲得することで、初めて理解できるようになります。

また「10個」(具体)を、「1つと見なす」(抽象)ことができることで、初めて位取り記数法や繰り上がりのある計算が理解できるのです。


幼児にいきなり計算を指導してはいけません。

計算ができるようになるためには、いくつかの段階を踏む必要があるからです。

この子は今どの段階にいるのかを見極め、着実に学習が進められるよう、適切な指導・教材選択をすることが指導者の役割です。


当塾で使用している教材・教具には、認知科学の知見が取り入れられています。

●そろばん教育のSSKCLUB

sskclub.jp

全国で開催される講習会で、指導法を学んでいます。

2018.05.08

今日の目標

そろばんコースでは、毎回一人ひとりに「今日の目標」という練習メニューを渡しています。

練習でつけたい技能は大きく分けて2つ。

「正確さ」と「スピード」です。

今はどちらの力をつけたらいいのか。どんなことに気をつけたらいいのか。

前回までの練習結果を元に、適切なアドバイスをします。

これによって、練習に目的意識を持つことができ、トレーニング効果が高まることを期待しています。

2018.05.02

教える資格(承前)

そのとき何が起こったのか。

「2+9」も「4+8」も、「6+7」も「5+8」も、

これらはすべて「10を作る」という計算である、と気づいたことです。

つまり、範疇化と構造化。


『お月様はどうしてかけちゃったの?』

『ぼくはどこから来たの?』

子供が発する問いは、ほほ笑ましいけれども、

唐突な存在を、自分の世界地図に描きたいという願いは、

科学者も子供も一緒だと思います。


この時の経験は、学んでいく姿勢について教えてくれました。

それはまた、教えるためのパスポートのようなものだったなあ、とも感じています。

2018.05.01

教える資格

ちょうど今ごろの季節だったでしょうか。大学に入学して間もなくの話です。

麗らかな日差しの中、構内を歩いていると、突然「5+8」が分かりました。

正確に言うと、そろばんで「5+8」を計算するときの、その考え方がわかったのでした。


『ああ、そうだったのか』

深く納得すると同時に、どこからか

『これで教えられる』

という、思いがけない声が聞こえてきたのでした。

(続く)

2018.04.30

20が言えた!(承前)

(百玉そろばんを使った数唱トレーニングが続きます)

A君「じゅうろく、じゅうしち、じゅうはち、じゅうく、…、じゅうに!」

先生「ノウ!2個の十で」

A君「に…じゅう!」

先生「20と1で」

A君「にじゅういち!」

やったね!


1年生となった今では、途中つっかえながらも、自分の力だけで100まで唱えられるようになりました。


ある子にとっては軽々と跨げるような段差でも、別の子にとっては、背丈以上の壁である場合があります。

そんな時、下から持ち上げてやれるような役目ができたらと思います。

2018.04.29

20が言えた!

 

1年生のA君。年長さんで入塾した当初は、10まで唱えるのがやっとでした。


(百玉そろばんを使って数唱トレーニングをしています)

A君「ごう、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう!、…!、…!」

先生「次は?」

A君「…!」

先生「10と1で?」

A君「じゅういち!」

先生「10と2で?」

A君「じゅうに!」


いいぞ、その調子!

お尻を押されながらも、背丈ほどの壁を、なんとかよじ登ることができた感じです。

(続く)

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

フィード

当塾のご案内

みやま珠算塾
〒297-0029
千葉県茂原市高師500-18

  • TEL:0475-24-5659
  • info@miyamasoroban.com
Copyright (C) みやま珠算塾 All Rights Reserved.